料金のご案内

価格表

HybRid[ハイブリッド]価格表 HybRid[ハイブリッド]価格表 HybRid[ハイブリッド]価格表 HybRid[ハイブリッド]初期導入費用0円

他サービスとの比較

HybRid[ハイブリッド]価格比較

導入時と毎月の費用

初期費用

1000名までは無料です。

毎月費用

その月のご登録人数分のみが課金されます。
最小限のコストです。

一ヶ月間無料

運用が落ち着くまでバタバタしがちな初月は無料です。
社内の運用ルールを整えながら、慌てずじっくり設定してください。

コスト比較

コスト比較 コスト比較

お支払い方法

お支払いは、毎月月末締めの請求書払か口座引落です。お申込み時にご選択ください。

※請求書払・・翌月末払い  口座引きとし・・翌々月4日払い(振込手数料はお客様負担)

Q & A

Q クレジットカードは利用できますか?

A 現在はクレジットカードでのお支払いはご利用いただけません。

Q 管理者を増やすと追加料金がかかりますか?

A 管理者の追加は無料です。何名でもご登録いただけます。

HybRidは【IT導入補助金】の対象です。

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
ここでは、HybRidの導入を前提とした内容を記載しております。
※IT導入補助金についての詳細は公式サイトをご確認ください。

概要:特別枠(C類型)

IT導入補助金"特別枠"(以下、「C類型」)は、昨今の新型コロナ感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。

補助対象企業

中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保険等のサービス業の他、製造業、建設業等)や小規模事業者

補助金の上限・下限額と補助率

30万~450万で、導入費用の3/4以内

交付申請期間

2020年5月11日受付開始~2020年12月下旬

※詳細はIT導入補助金公式サイトをご確認ください。

対象サービス

クラウド型社内申請支援システム「HybRid」の利用料(1年分)と初期導入費用

事前準備

IT導入補助金2020の交付申請には、「gBizIDプライム」アカウント(ID・パスワード等)の取得が必要となります。
また、申請の際に必要な添付書類がありますので、事前にご準備ください。

gBizIDプライムの取得

IT導入補助金2020の申請前に、gBizIDプライムの取得が必要です。
gBizIDは複数の行政のサービスを1つのアカウントで利用できる認証システムです。gBizIDを取得していれば、このシステムにつながる様々な行政サービス(順次拡大予定)の利用が可能になります。
詳細は公式サイトよりご確認ください。

必要書類

下記の書類が必要になりますので、あらかじめ取得しておくことをおすすめします。
【実在証明書】   :履歴事項全部証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
【事業継続確認書類】:税務署の窓口にて発行された直近分の法人税の納税証明書(その1またはその2)
※電子納税証明書(納税証明データシート等)は認められません。

HybRidのIT補助金活用事例

IT導入補助金活用事例
IT導入補助金活用事例
IT導入補助金活用事例
HybRidロゴ